皮膚良性血管病変治療用レーザー装置
Vbeam Prima

血管腫治療のゴールドスタンダード

Vbeam Primaは、皮膚良性血管病変の治療目的で設計された波長595nmのロングパルスダイレーザーです。1992年に国内販売したSPTL-1からVbeam IIまで、歴史あるパルスダイレーザーの最新モデルとなります。

製品特長

  1. スポットサイズは3mmから最大15mmまで対応し、治療時間の短縮
  2. Zoomハンドピース採用により、ダイヤル式でスポット変更が可能となり、使い勝手の向上
  3. 皮膚を冷却するダイナミッククーリングデバイスを装備

How to treat vessels with Vbeam Prima

深達性に優れた波長

レーザー波長(595nm)は、ジュライのダイレーザーに比べて皮膚深達性に優れており、より深層の血管や口径が太い血管にも有効です。また、595nmのレーザー光には、血液中のヘモグロビンに選択的に吸収されやすいという大きな特徴があります。血管病変部では、ヘモグロビンがダイレーザーの光エネルギーを極めて短時間に吸収・熱返還することにより、血管は内壁から熱破壊され熱凝固を起こします。その後、ヘモグロビンが光エネルギーを吸収して生じる輻射熱を利用し、血管内皮細胞が線維化していくことで血管自体が閉塞します。

New Vbeam Prima Technology

大口径スポットサイズ

スポットサイズは3mmから最大15mmまで対応しているため、広範囲の症例でも治療時間を短縮できます。また、大きいスポットサイズは、より深部へ熱を到達させることができます。

使用目的または効果

皮膚良性血管病変(単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症)の治療

医療機器承認番号:30100BZX00145000

Follow me!

製品についてのお問い合わせ

ご希望の方は