読み込み中

loading

製 品

vbeam

皮膚良性血管病変治療用
レーザー装置

いわゆる赤アザのレーザー治療は1960年代からすでに始められ、ルビーレーザー、炭酸ガスレーザー、アルゴンレーザーなど様々な波長のレーザーによる治療が研究され、ローダミン色素を用いた波長577ナノメートルの色素レーザーによる臨床報告以降、1990年代からはパルス波ダイレーザーによる治療が最も安全かつ有効であると云われています。キャンデラ社は初期の段階からパルス波色素レーザーの医家向けの開発を手がけており、キャンデラ社ダイレーザーを使用した医学会誌での臨床論文の総数も300を超えます。キャンデラ社製Candela Vbeamは現在、世界で最も親しまれている血管病変治療用のダイレーザーであり、60カ国、1600台以上が日々臨床使用されています。

vbeam

・波長595ナノメートル
Vbeamから発振される波長595ナノメートルのレーザー光は、血液中のヘモグロビンに選択的に吸収される特徴があります。毛細血管が凝集した病変部では、ヘモグロビンがレーザーの光エネルギーを吸収し、熱変換することで血管内壁が熱破壊されて血管を閉塞させます。

・可変式のパルス幅
Vbeamはレーザーのパルス幅(照射時間)を調節できる新機能を有し、毛細血管の血管径に応じた照射時間を適宜設定することが可能となりました。

・ダイナミッククーリングディバイス(DCD)
DCDがレーザーに同期し、レーザー照射直前に寒剤を吹きつけることにより皮膚を保護します。

対象疾患: 単純性血管腫、乳児血管腫、毛細血管拡張症の治療

お問い合わせ・資料請求はこちら
vbeam

*当ポータルサイトはリンクフリーです。
  詳細は当サイトをご覧ください。

仕 様

類別コード
器31
類別名称
医療用焼灼器
JMDNコード
36043000
一般的名称
色素レーザ
販売名
皮膚良性血管病変治療用レーザー装置 Vbeam
レーザータイプ
フラッシュランプ励起式パルスダイレーザー
波長
595nm±5nm
照射パワー
15J/cm2(5mmスポットサイズ)
15J/cm2(7mmスポットサイズ)
7.5J/cm2(10mmスポットサイズ)
パルス幅
0.45, 1.5, 3, 6, 10, 20, 30, 40 msec
導光方式
レンズ結合型光ファイバー方式
繰り返しスピード
最大1.5Hz(エネルギー設定値により異なる)
本体寸法
46cm(W)x81cm(D)x111cm(H)
本体重量
136kg
電源電圧
200V 50/60Hz 単相
医療承認番号
22200BZY00002000
クラス分類
III
高度管理医療機器
該当907
設置管理医療機器
該当41
特定保守管理医療機器
該当183

ここから先のページは、医療関係者の方へ医療機器に関する情報をご提供することを目的としており、患者さん・一般の方への情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。
あなたは医療関係者ですか?